MENU

糖尿病自立神経障害の症状とは | 診断方法・治療方法は?

糖尿病神経障害を発症した際に、起こりうる神経障害の一つが糖尿病自律神経障害です。糖尿病自律神経障害はどのような症状で治すことはできるのか気になりませんか。

このページでは、糖尿病自律神経障害を発症した場合にどのような症状があるのか、他にもどのくらいで治すことができるのか、診断方法、治療方法などについて紹介しています。

この記事の内容をまとめると

  • 糖尿病自律神経障害は、糖尿病神経障害の一つです。
  • 糖尿病神経障害の症状は、立ちくらみや不整脈、下痢、便秘などがあります。
  • 糖尿病自律神経障害は、適切に血糖値をコントロールすれば1〜2年で治すこともできると言われています。糖尿病を予防することが糖尿病自律神経障害の予防にもつながります。
目次

糖尿病自律神経障害とは

糖尿病自律神経障害とは、高血糖が続くと運動神経、知覚神経、自律神経などの神経に障害を及ぼすことがありますが、その際に自律神経に障害を及ぼすことです。

糖尿病神経障害を発症した人の中で、どのくらいの割合で自律神経に障害を及ぼすかは、正確な数字は分かっていません。ですが、糖尿病発症から5年〜10年で約30%の人が糖尿病神経障害を発症すると言われているので、一定数の人は自律神経に障害を及ぼす可能性はあると言われています。

参照:https://saisei-iryo.online/archives/1063#:~:text=%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85%E3%82%92%E6%9C%AA%E6%B2%BB%E7%99%82%E3%81%AE%E4%BA%BA%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%80%81%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85%E3%81%AE%E7%99%BA%E7%97%87,%E3%81%A8%E6%8E%A8%E8%A8%88%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

糖尿病になると自律神経障害になるのはなぜ?

糖尿病になると自律神経障害になる原因として、高血糖が続くことで神経細胞が変化してしまうことにあります。変化した神経細胞は神経の働きを悪くさせます。

また、他にも動脈硬化からくる神経細胞への血流不足によっても起こると言われています。胃腸や心臓など内臓の働きを調整している神経に起こります。

参照:https://www.saiseikai.or.jp/medical/disease/diabetic_neuropathy/

糖尿病自律神経障害の症状とは

  • 胃不全麻痺(胸焼け、吐き気、食欲低下、消化不良など)
  • 便秘や下痢
  • 無痛性心筋梗塞
  • 起立性低血圧
  • 頻脈や徐脈をおこす
  • 膀胱の機能障害
  • 勃起障害
  • 汗をかかなくなる
  • 乾燥肌になる
  • 無自覚性低血糖

自律神経は、主に私たちの意志とは関係なく動く神経です。呼吸や血圧、心拍、代謝など他にもあらゆる機能を働かせる役割があります。

糖尿病自律神経障害によって引き起こされやすい症状としては、立ちくらみや不整脈、下痢、便秘などがあらわれます。

参照:https://dmic.ncgm.go.jp/general/about-dm/060/060/01.html

糖尿病自律神経障害の診断方法は?

糖尿病自律神経障害の際の診断は、心拍変動検査をするのが一般的です。心電図検査の一つで心拍のゆらぎを測ることで、自律神経に障害があるかを診断します。

心臓の心拍回数は、息を吸うときや息を吐くときで変化をしますが、心拍のゆらぎは自律神経がコントロールしているため、心拍数を測ることで自律神経障害があるかを判断することができます。

糖尿病自律神経障害に治療方法とは?

糖尿病自律神経障害を発症した際に、初期段階で発見し軽症であれば血糖値のコントロールでも治療できる場合もあります。血糖値コントロールのみであれば、食事療法や運動療法のみでも済む場合もあります。

軽症ではない場合は、下記のような対処法になることが一般的です。

  • 起立性低血圧には、なるべく血圧を下げる薬は使わないようにします。
  • 消化管の動きが鈍い場合は、症状にあわせて、便秘のお薬や下痢止めの薬を使用することもあります。
  • 排尿障害や勃起障害については、症状を緩和するお薬を使用する場合があります。
  • 無自覚性低血糖については、心配な場合はこまめに血糖測定を行ったり、適切に間食をとりいれたりして出来る限り低血糖を避ける工夫をします。

参照:https://dmic.ncgm.go.jp/general/about-dm/060/060/01.html#04

糖尿病自律神経障害はどのくらい治るのか?予防はできる?

糖尿病自律神経障害はどのくらい治るのか?

糖尿病自律神経障害は、症状が軽症の際には、血糖値コントロールをメインに治療をしますが、治るまでに1〜2年かかることもあると言われています。血糖コントロールが疎かになると、症状が悪化してしまうため、状況によっては治るまでには更に長くなることもあります。

薬物によって治療する場合もあります。その際は、治るまでに更に長い時間を要することもあります。

糖尿病自律神経障害は予防できる?

糖尿病自律神経障害は、高血糖による細胞変化と動脈硬化を介した神経細胞への血流不足によって起こるため、血糖値コントロールと動脈硬化の予防が重要な予防方法となります。予防の際には、生活習慣を見直して改善をすることが推奨されています。

食事や運動などに気を配ることが重要です。糖尿病を予防することが、自律神経障害の予防にもつながります。

参照:https://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/qa/123.html#:~:text=%E3%81%9D%E3%81%AE%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%A7%E3%82%82%E8%B6%B3%E3%81%AE,%E6%82%AA%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%82%82%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

参照:https://dmic.ncgm.go.jp/general/about-dm/060/060/01.html#05

まとめ:糖尿病自立神経障害の症状とは | 診断方法・治療方法は?

いかがでしたでしょうか。糖尿病自律神経障害の症状について紹介してきました。

糖尿病自律神経障害は、糖尿病神経障害の一つです。症状は、立ちくらみや不整脈、下痢、便秘などがあります。適切に血糖値をコントロールすれば1〜2年で治すこともできると言われています。糖尿病を予防することが糖尿病自律神経障害の予防にもつながります。

糖尿病自律神経障害に対して不安がある場合、早めに診断を受けて対応することが大事です。もし、入院費や手術費に不安がある場合は、糖尿病保険への加入がおすすめです。下記で糖尿病保険を紹介しているので、興味があればクリックしてチェックしてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次