MENU

糖尿病による感覚神経障害とは | しびれ・痛みなどの感覚異常について

糖尿病神経障害を発症した際に、起こりうる神経障害の一つが感覚神経障害です。糖尿病による感覚神経障害はどのような症状で、治すことはできるのか気になりませんか。

このページでは、糖尿病による感覚神経障害を発症した場合にどのような症状があるのか、他にもどのくらいで治すことができるのか、予防策などについて紹介しています。

この記事の内容をまとめると

  • 糖尿病による感覚神経障害は、糖尿病神経障害の一つで足や手に現れることが多いです。
  • 糖尿病による感覚神経障害の症状は、足のしびれ、痛み、冷え、感覚がなくなるなどがあります。
  • 糖尿病による感覚神経障害は、症状が些細であることから放置してしまい重症化するケースもあります。定期的に検査をして早期発見をすることが重要です。
目次

糖尿病による感覚神経障害とは

糖尿病患者は、一定数の割合で合併症の一つである糖尿病神経障害を発症しますが、神経障害の一つとして感覚神経に障害を起こすことがあります。

糖尿病神経障害は、感覚神経障害の他にも運動神経障害や自律神経障害などを引き起こす可能性があります。全身にある神経の中でも感覚神経は神経障害が起きやすいと言われています。

感覚神経障害は、些細な症状しか現れないケースもあり、放置してしまうことで重症化してしまうこともあります。最悪の場合は、足を切断するというケースもあるので注意が必要です。

参照:https://www.club-dm.jp/know/complications/neuropathy.html

糖尿病によって感覚神経が障害を起こすのはなぜ?

糖尿病によって感覚神経障害を引き起こす原因としては、高血糖が続くことで血流が悪化し神経に必要な栄養や酸素が届かなくなることなどです。

また、他にも動脈硬化などによっても感覚神経障害が起こると言われています。

感覚神経障害のみならず、自律神経障害や運動神経障害もこれらの理由で引き起こされると

参照:https://www.tyojyu.or.jp/net/byouki/tounyoubyou/tounyou-shinkei.html

糖尿病による感覚神経障害の症状とは

  • 足先のしびれ
  • 足先の痛み
  • 足先の冷え
  • 感覚がなくなる
  • 無痛性心筋梗塞
  • 顔面神経麻痺

糖尿病による感覚神経の障害があると、主に足に症状が現れます。基本的には、しびれや痛み、冷えなどを感じると言われています。足の裏に紙が貼られているような感覚などがある場合もあると言われています。

糖尿病による感覚神経障害は、重症化すると感覚がなくなるケースもあります。感覚がなくなると痛みを感じず、別の重大な病気の症状にも気付けなくなってしまう恐れもあります。

症状は、基本的に左右対称で起こることが多いようですが、一つの神経にのみ障害を起こすケースもあるようです。

参照:https://www.tyojyu.or.jp/net/byouki/tounyoubyou/tounyou-shinkei.html#:~:text=%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85%E6%80%A7%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E3%81%AE%E7%97%87%E7%8A%B6&text=%E7%97%87%E7%8A%B6%E3%81%AF%E8%B6%B3%E5%85%88%E3%81%AE,%E3%81%A8%E5%91%BC%E3%81%B0%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

参照:https://dmic.ncgm.go.jp/general/about-dm/060/060/01.html

足にしびれ・痛み・冷感などの感覚異常が現れたら検査するべき?

主な感覚神経障害の検査方法

  • アキレス腱の反射チェック(ハンマーで叩き正常な反射があるかチェック)
  • モノフィラメント検査(フィラメントで足底や足背を触り感覚があるかチェック)
  • 振動覚検査(音さをくるぶしにあて、振動を感じるかチェック)

基本的には、足にしびれ、痛み、冷感、他にも感覚がなくなるなどの感覚異常が現れたら即座に検査するべきです。

神経は身体の先に行くほど血管が細くなり、栄養や酸素が届きにくくなるため足や手などに症状が現れやすいです。神経障害は軽視されてしまうこともありますが、重症化すると足の切断や命に関わることもあるので異常を少しでも感じたら検査をしましょう。

糖尿病による感覚神経障害は治療は治療できる?

糖尿病による感覚神経障害は症状にもよりますが、治療することは可能な場合もあります。基本的には、飲酒や喫煙を避け、血糖値を適切にコントロールすることが重要です。

初期段階で感覚神経障害に気づくことができれば、糖尿病の治療と同じように生活習慣を見直すことがメインとなりますが、痛みが強い場合などは痛み止め、他にも専門の治療薬を使用する場合もあります。

アルドース還元酵素阻害薬などが神経機能の悪化などを抑制する薬として使用される場合があるようです。但し、あくまでも医師の話を聞き状況に合わせた治療をすることが大事です。

参照:https://www.tyojyu.or.jp/net/byouki/tounyoubyou/tounyou-shinkei.html#:~:text=%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85%E6%80%A7%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E3%81%AE%E7%97%87%E7%8A%B6&text=%E7%97%87%E7%8A%B6%E3%81%AF%E8%B6%B3%E5%85%88%E3%81%AE,%E3%81%A8%E5%91%BC%E3%81%B0%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

糖尿病による感覚神経障害はどのくらい治るのか?予防策は?

糖尿病による感覚神経障害はどのくらい治るのか?

糖尿病による感覚神経障害がどのくらいで治るのかは、はっきりした情報はありません。血糖値コントロールをすることで、1〜2年で痛みなどの症状が消えることもあるようです。

但し、痛みなど症状が消えたとしてしても、完治してないケースや血糖値コントロールが崩れると再発するケースなどもあるので医師に確認して治療を進めると良いでしょう。

参照:https://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/qa/123.html#:~:text=%E3%81%9D%E3%81%AE%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%A7%E3%82%82%E8%B6%B3%E3%81%AE,%E6%82%AA%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%82%82%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

糖尿病による感覚神経障害の予防策は?

糖尿病による感覚神経障害を防ぐための予防策として、定期的に検査をして早期発見に努めることが重要です。

また、日ごろから気をつけることとしては、食事療法や運動療法、薬物療法などで血糖値を適切な状態に保つことが重要です。また、喫煙や飲酒を控えて体重管理や血圧管理もすることで更に予防につながります。

参照:https://mds.terumo.co.jp/diabetes/pdf/TFriendsNo23.pdf

まとめ:糖尿病による感覚神経障害とは | しびれ・痛みなどの感覚異常について

いかがでしたでしょうか。糖尿病による感覚神経障害の症状について紹介してきました。

糖尿病による感覚神経障害は、糖尿病神経障害の一つで足や手に現れることが多いです。症状は、足のしびれ、痛み、冷え、感覚がなくなるなどがあります。症状が些細であることから放置してしまい重症化するケースもあります。定期的に検査をして早期発見をすることが重要です。

糖尿病による感覚神経障害に対して不安がある場合、早めに診断を受けて対応することが大事です。もし、入院費や手術費に不安がある場合は、糖尿病保険への加入がおすすめです。下記で糖尿病保険を紹介しているので、興味があればクリックしてチェックしてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次