MENU

糖尿病でも入れるおすすめの癌(がん)保険ランキング3選【徹底比較】

糖尿病でも入れる癌(がん)保険はある?

この記事を見ているあなたは、糖尿病による癌(がん)が保険適用になるか知りたいとお考えではありませんか。また、糖尿病でも入れるのか気になるはずです。

この記事を見ることで、糖尿病でも入れるおすすめの癌(がん)保険が分かります。糖尿病になってしまって癌(がん)などの合併症に不安を抱えている方におすすめの記事です。

この記事の内容をまとめると

  • 糖尿病の人は、そうでない人に比べてがんになりやすいことが国内外の研究でわかっている
  • 糖尿病による癌(がん)保険なら糖尿病有病者向け歯周病保障付医療保険「エクセルエイド」がおすすめ
目次

糖尿病による癌(がん)の手術が給付対象の保険一覧

スクロールできます
保険会社詳細・見積り保険料
(男性・満25歳)
保険料
(女性・満25歳)
入院限度額
(日額)
入院限度日数
(1入院)
入院中の手術費用

歯周病保障付医療保険
保険会社詳細
見積り・申し込み
(月払い)
1,867
(月払い)
1,504
5,00060
(注1)
50,000
(注2)

はいりやすい医療
保険会社詳細
見積り・申し込み
(月払い)
2,514
(月払い)
2,837
3,000円〜10,000
(注3)(注4)
6030,000円〜100,000
(注5)

持病がある人の医療保険
保険会社詳細
見積り・申し込み
(月払い)
1,380
(月払い)
2,050
5,0006050,000
  • 注1)支払対象の入院中に糖尿病・合併症が併発すれば、併発時から新たな入院とみなし、1入院60日限度が適用され、新たな入院中に別の合併症が併発すれば、同様に適用されます。
  • 注2)60日に1回、ただし、同一部位または同一種類の病気の手術は1保険期間に1回です。
  • 注3)災害入院給付金は、不慮の事故でケガをした日から180日以内に入院したときに限ります。
  • 注4)責任開始期前からの持病(既往症)を原因とする入院、手術などに対しても、所定の要件を満たした場合には給付金をお支払いします。
  • 注5)一部の手術については60日間に1回のお支払いを限度とします。また、一部の手術については、連続して2日以上受けた時でも、2日目以降はお支払いの対象 になりません。

糖尿病と癌(がん)の関係性は?発症率は?

糖尿病患者さんの死亡原因第1位は悪性新生物(がん)ですが、糖尿病はがんの発症率に影響するのでしょうか。また糖尿病の人のがんの発症率はどのくらいなのでしょうか。この項では、糖尿病とがんの関係性について解説していきます。

糖尿病と癌(がん)の関係性は?

糖尿病の人は、そうでない人に比べてがんになりやすいことが国内外の研究でわかっています。日本人の糖尿病患者さんは特に大腸癌、肝臓癌、膵臓癌になりやすいといわれており、その他に海外では子宮内膜癌、乳癌、膀胱癌のリスク上昇が指摘されています。

糖尿病の人ががんになりやすい理由は、まだはっきりとは解明されていません。一説には、インスリンの作用が不足することで高インスリン血症が生じ、それが腫瘍細胞の増殖を刺激しているのではないかといわれています。また、高血糖による酸化ストレスや肥満による体内の炎症も、推測される発がん要因のひとつです。

糖尿病とがんは、不適切な食事・運動不足・喫煙・過剰飲酒などの生活習慣を危険因子とする共通点があります。糖尿病の人はがんになりやすいという認識を持ち、定期的な検診や人間ドックの受診を心がけましょう。

糖尿病と癌(がん)の発症率は?

厚生労働省「令和元年国民健康・栄養調査報告」によると、20歳以上の男女2,412人のうち糖尿病の指摘がある人の割合は17%でした。がんについては、2018年罹患・死亡データから男性65%・女性50%が一生涯のうちに何らかのがんに罹患するとされています。

気になる糖尿病患者さんのがんの発症率はというと、男性で1.27倍、女性で1.21倍がんになりやすいことが「糖尿病と癌に関する委員会」の調査によりわかっています。

ただ、糖尿病の人は検査の機会が通常より多いため、がんの発見率が上がるという側面もあります。また、肝臓癌に先行して起こる慢性肝炎・肝硬変が糖尿病をもたらしたり、膵臓癌が血糖値の上昇を招いたりすることもわかっています。データを参考にする際は、糖尿病患者さんががんになりやすいのと同時に、がん患者さんも糖尿病になりやすいという2方向の因果関係を考慮する必要があるでしょう。

癌(がん)になりやすい年齢は?糖尿病患者は手術ができない?

日本人は2人に1人ががんに罹患するとされていますが、特にがんになりやすい年齢などはあるのでしょうか。また糖尿病患者さんはがんになっても手術できないといわれますが、それは何故なのでしょうか。この項では、年齢ごとのがん罹患率や、糖尿病患者さんが手術できないといわれる理由について解説していきます。

癌(がん)になりやすい年齢は?

がんは小さい子供でも発症する可能性のある病気ですが、年齢を重ねれば重ねるほど発症率が上がっていく傾向にあります。また、男女間でもがんの発症率には差があります。

国立がん研究センターの「がん統計」によると、女性は20代の後半から、男性は30代から徐々にがんの発症率が上がっていきます。糖尿病で罹患リスクが上がるとされる大腸癌については40代から、肝臓癌と膵臓癌については50代から男女ともに増え始め、高齢になればなるほどハイリスクです。

特に大腸癌は罹患する人の数が非常に多く、日本人一般の部位別がん罹患数(2019年)の第1位となっています。大腸癌は早期発見すればほぼ治せるといわれているため、40歳以上の糖尿病の人は特に毎年大腸癌検診を受けるよう心がけましょう。

癌(がん)が発症しても糖尿病患者は手術ができない?

糖尿病患者さんも手術を受けることはできますが、良好な血糖コントロールが必要です。

なぜなら、高血糖の人は免疫力が低下しているため、手術部感染症にかかりやすい、手術創が治りにくいなどの問題があるからです。また、外科手術を受けると交感神経の活性化によりインスリン抵抗性が高まり、健康な人でも外科的糖尿病と呼ばれる高血糖状態を引き起こしやすくなります。

血糖コントロールが不良好だと、手術前に教育入院が必要になる場合もあります。手術が必要になってから慌てないためにも、日頃から血糖コントロールを徹底することが大切です。

糖尿病によって膵臓癌や大腸癌が発症しても入れる保険はある?

糖尿病やがんの既往により通常の保険商品に加入できなかった場合でも、引受基準緩和型保険(限定告知型保険)や無選択型保険なら加入できる可能性があります。

引受基準緩和型保険は告知項目が3項目前後と少なく、持病があっても入りやすい保険です。通常の保険より保険料はやや割高ですが、通常の保険の加入を断られて困っている人には心強い存在といえるでしょう。無選択型保険は告知なしで誰でも加入できますが、保険料が更に割高で保障額も控え目になっています。

最近はさまざまな保険商品が販売されており、なかには抗がん剤治療や放射線治療を受けていても加入できるものもあります。保障内容や保険料、加入条件などは保険商品により異なるので、複数の保険商品を比較して決めると良いでしょう。

糖尿病でも入れる癌(がん)の手術が給付対象のランキング3選【徹底比較】

糖尿病有病者向け歯周病保障付医療保険「エクセルエイド」
あんしん少額短期保険株式会社

糖尿病でも入れる
入院保障
手術保障
死亡保障
  • 糖尿病の治療中でも加入できる医療保険
  • 糖尿病以外の入院・手術も保障される
  • 対象年齢は0歳3ヶ月〜満89歳まで
  • 治療中の糖尿病または糖尿病に起因する病気を保障

アクサダイレクトのはいりやすい医療
アクサダイレクト生命保険株式会社

糖尿病でも入れる
入院保障
手術保障
死亡保障
  • 3つの質問項目で入れる医療保険 ※ 特約によっては5つ
  • お手頃な保険料で加入できて一生涯保障
  • 加入後、削除期間なしで満額の保障を受けることが可能
  • 入院の有無に関わらず、手術をしっかりカバー

SBIいきいき少短の持病がある人の医療保険
SBIいきいき少額短期保険株式会社

糖尿病でも入れる
入院保障
手術保障
死亡保障
  • 糖尿病の治療中でも加入できる
  • 84歳まで申し込み可能
  • 持病や手術歴があってもお申し込み可能

まとめ:糖尿病でも入れるおすすめの癌(がん)保険ランキング3選【徹底比較】

いかがでしたでしょうか。糖尿病でも入れるおすすめの癌(がん)が対象の保険について紹介してきました。この記事のまとめはこちらです。

糖尿病の人は、そうでない人に比べてがんになりやすいことが国内外の研究でわかっており、糖尿病による癌(がん)保険なら糖尿病有病者向け歯周病保障付医療保険「エクセルエイド」がおすすめです。

もし、糖尿病有病者向け歯周病保障付医療保険「エクセルエイド」の申し込みを検討している場合は下記のボタンから見積りを進めていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次