MENU

糖尿病だと保険に入れない?なぜ?その理由と対処法を紹介

糖尿病だと保険に入れないのはなぜか

持病があると保険に入れないという話を聞いたことはありませんか。糖尿病でも保険に入れないのか、そんなときどうしたらいいのか気になりますよね。

このページでは、「糖尿病で保険に入れない」と諦めてしまっている方に向けて、糖尿病だと保険に入れない理由やそのときの対処法を紹介していきます。

この記事の内容をまとめると

  • 持病(糖尿病)があると普通の人よりも入院や手術のリスクが上がるため、保険に入るのが難しくなる。
  • 糖尿病を発症してしまったら、持病(糖尿病)があっても入れる保険への加入がおすすめ。
目次

糖尿病だと保険に入れない?その理由と対処法

糖尿病だと保険に入れない?なぜ?その理由とは

糖尿病だと保険に入れない理由は、普通の人よりも入院や手術のリスクが高くなるためにあります。

糖尿病網膜症を発症する割合

糖尿病の罹病期間が6〜15年の場合

糖尿病患者の年齢65歳以上40〜64歳40歳未満
発症率27%40%54%

参照:https://www.gankaikai.or.jp/press/pdf/2005.pdf

糖尿病腎症を発症する割合

2型糖尿病の場合、糖尿病腎症の発症率は約40%

参照:https://jsn.or.jp/journal/document/56_4/500-509.pdf

糖尿病神経障害を発症する割合

糖尿病の罹病期間が10年程度の場合

糖尿病神経障害を発症する割合は、30〜40%程度

参照:https://www.aichi.med.or.jp/webcms/wp-content/uploads/dr/66-2_03_kamiya.pdf

糖尿病で合併症が発症した際にかかる費用の例

※ 足の壊疽(えそ)と閉塞性動脈硬化症で25日間入院した場合

手術費用

683,310

入院費用

671,200

治療薬費用

15,420

糖尿病で保険に入れないときの対処法は?

糖尿病で保険に入れないと困っている際は、持病(糖尿病)があっても入れる保険を選ぶのがおすすめです。持病があっても入れる保険の中には、糖尿病でも入れる保険があります。

糖尿病でも他の告知事項に問題なければ加入可能

持病(糖尿病)があっても入れる保険では、糖尿病であったとしても用意された告知事項に答えて、それが問題なければ加入することができます。少し保険料は通常に比べて高くなりますが、告知内容は通常の保険と比較すると緩く加入しやすい形になっています。

加入前の糖尿病に関連する入院や手術も保障対象

持病(糖尿病)があっても入れる保険において、医療行為に対して給付金が出る場合、加入前に糖尿病を発症している状態で加入したとして、加入後に糖尿病に関連する入院や手術によって費用が発生した際に給付金が受け取れる場合があり、加入後も安心の保険です。

糖尿病でも入れる保険を紹介

糖尿病有病者向け歯周病保障付医療保険「エクセルエイド」
あんしん少額短期保険株式会社

糖尿病でも入れる
入院保障
手術保障
死亡保障
  • 糖尿病の治療中でも加入できる医療保険
  • 糖尿病以外の入院・手術も保障される
  • 対象年齢は0歳3ヶ月〜満89歳まで
  • 治療中の糖尿病または糖尿病に起因する病気を保障

糖尿病有病者向定期保険「エクセルエイド」
あんしん少額短期保険株式会社

糖尿病でも入れる
入院保障
手術保障
死亡保障
  • 糖尿病の治療中でも加入できる医療保険
  • 糖尿病以外の入院・手術も保障される
  • 対象年齢は0歳3ヶ月〜満89歳まで
  • 治療中の糖尿病または糖尿病に起因する病気を保障

アクサダイレクトのはいりやすい医療
アクサダイレクト生命保険株式会社

糖尿病でも入れる
入院保障
手術保障
死亡保障
  • 3つの質問項目で入れる医療保険 ※ 特約によっては5つ
  • お手頃な保険料で加入できて一生涯保障
  • 加入後、削除期間なしで満額の保障を受けることが可能
  • 入院の有無に関わらず、手術をしっかりカバー

SBIいきいき少短の持病がある人の医療保険
SBIいきいき少額短期保険株式会社

糖尿病でも入れる
入院保障
手術保障
死亡保障
  • 糖尿病の治療中でも加入できる
  • 84歳まで申し込み可能
  • 持病や手術歴があってもお申し込み可能

糖尿病発症後に保険加入する場合に気をつけること

加入する保険の保障内容をしっかり確認する

持病(糖尿病)があっても入れる保険の中でもいくつか種類があります。入院や手術などの医療行為に対して給付金が支払われる医療保険と被保険者が死亡した際に給付金が支払われる定期保険(死亡保険)タイプがあります。事前に保障内容をしっかり確認しましょう。

絶対に告知義務違反にならないように

糖尿病を発症して保険加入が難しくなるとしても絶対に告知義務違反をしてはいけません。告知義務違反をしてしまうと給付金が受け取れないばかりか、告知義務違反の内容によっては「契約の取消し」で、解約に加えて支払った保険料が戻らない処分になる場合もあります。

まとめ:糖尿病だと保険に入れない?

いかがでしたでしょうか。糖尿病保険だと保険に入れないのか、について紹介してきました。

当記事で紹介したように、持病(糖尿病)があると普通の人よりも入院や手術のリスクが上がるため、保険に入るのが難しくなります。また、糖尿病を発症してしまったら、持病(糖尿病)があっても入れる保険への加入がおすすめです。

糖尿病に対して不安がある場合、早めに診断を受けて対応することが大事です。もし、入院費や手術費に不安がある場合は、糖尿病保険への加入がおすすめです。下記で糖尿病保険を紹介しているので、興味があればクリックしてチェックしてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次