糖尿病と膝の痛みの関係性は?原因は?違和感を感じる場合の対処法は?

糖尿病になると膝の痛みや違和感を感じると聞いたことはありませんか。噂を聞くと少しでも膝に痛みや違和感があったときに糖尿病や他の病気の恐れがあるのではないか心配になりますよね。

この記事を見ることで、糖尿病の症状で膝の痛みなどを誘発するのか、また糖尿病と膝の痛みの関係性についてどのように考えられているのか分かります。また、膝に痛みや違和感を感じる場合の対処法についても紹介しています。

この記事の内容をまとめると

  • 、糖尿病によって膝の痛みを感じる原因は、大きく二つあり、体重増加による膝への負担増加と、インスリン不足による骨や関節の代謝低下
  • 膝が腫れている場合、原因別によって対処も異なるので原因を究明し対処することが重要。原因が分からない場合は医療機関の受診した方が良い。
目次

糖尿病と膝の痛みの関係性は?原因は?

思い当たる節がないにもかかわらず膝の痛みを感じると不安になると思います。ここでは、糖尿病と膝の痛みの関係性、また痛みを感じる原因についても紹介していきます。

糖尿病と膝の痛みの関係性は?

糖尿病と膝の痛みの関係性は、一言で説明できないほどの症例があります。一例を挙げると膝関節の軟骨の質が低下してしまう「変形性膝関節症」などがあります。

変形性膝関節症は老化などによって膝の痛みが現れるようですが、人工関節ドットコムの情報によると糖尿病が進行している場合、神経障害によって痛みを感じにくくなるため、痛みを感じる頃には既に関節がひどく破壊されてしまった状態というケースがあるようです。

糖尿病実態調査によると、膝への神経障害の割合の正確な数字は分かりませんが、糖尿病で合併症がある患者の内、15.6%の方が神経障害の症状が出ているようです。

糖尿病によって膝の痛みを感じる原因は?

東京ひざ関節症クリニックの情報によると、糖尿病によって膝の痛みを感じる原因は、大きく二つあり、体重増加による膝への負担増加と、インスリン不足による骨や関節の代謝低下だと説明されています。

体重が増えるほどに膝に与える影響も大きくなり、膝の内部組織を破壊することにつながってしまいます。また、直接的な関係性は示されていませんが、インスリンが不足することによって膝の修復が遅れてしまい痛みを感じるのではないかという考えもあります。

膝が痛むと運動量も減ってしまいやすくなるため、更に体重増加や高血糖につながってしまい悪循環になってしまうおそれがあります。

参照:https://www.knee-clinic.net/%E3%80%90%E8%86%9D%E7%97%9B%E3%81%A8%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E3%80%91/

膝が腫れている場合の対処法は?放置するとどうなる?

ここからは、膝が腫れている場合の対処法と対処せず放置するとどうなるか紹介していきます。

膝が腫れている場合の対処法は?

ひざ関節症クリニックによると、膝が腫れている場合、原因別によって対処も異なるので原因を究明し対処することが重要と言われています。原因が分からない場合は、安静にしながらできるだけ早く病院に行き受診しましょう。

変形性膝関節症や半月板損傷

症状を改善させるためには、医療機関での処置が必要です。治療法は医療機関によって異なりますが、進行度によって治療法が異なる病気でもあるため、できるだけ早い段階で治療を始めることが重要となります。

痛風

痛風で膝が腫れている場合は、温めることが大事です。冷やしてしまうと腫れている原因である尿酸結晶が融解しづらくなってしまいます。早い段階での治療をすることで症状も解消されることも多いです。

打撲

「安静にする」⇨「冷やす」⇨「固定する」⇨「心臓より高い位置にする」などが応急処置として良いと言われています。

リンパが詰まっている

「膝裏のマッサージ」や「患部を温める」などが効果的と言われています。マッサージは優しく、ゆっくりすると良いと言われています。

水が溜まっている

応急処置としては、「アイシング」、「サポーターで固定」、「太腿のマッサージ」などが良いと言われています。症状を改善させるためには、医療機関での処置が必要となるので病院に行き受診することが大事です。

参照:https://www.knee-joint.net/column/no25/

膝が腫れている場合に放置するとどうなる?

基本的に膝が腫れている場合に放置することをおすすめしません。膝の腫れの原因によっては放置すると悪化するためです。原因が分からない場合は、すぐに病院で受診しましょう。

変形性膝関節症の場合、放置をすると関節が変形し歩行できなくなる恐れがあります。また、水が溜まっている場合、放置すると炎症が慢性化してしまう恐れがあります。

膝が腫れてしまった場合に安静にしておくことは重要ですが、放置してしまうと取り返しがつかないほど悪化してしまう恐れがありますので、即座に医療機関へ受診しましょう。

糖尿病で膝に違和感があるときは何科を受診する?

まずは、膝に痛みを感じたら整形外科に相談してみましょう。膝に違和感を感じる前に既に糖尿病で診療を受けている場合は、かかりつけの医師に相談するのも良いでしょう。

膝への違和感が「痛み」、「腫れ」、「痺れ」など症状は人によっても様々になりますが、基本的には整形外科で相談するのが良いでしょう。

膝への違和感を感じる場合、糖尿病以外にも原因が変わる場合があります。そのため、誤った応急処置などをしてしまうと悪化してしまう恐れもあるのでできるだけ早く整形外科で相談するようにしましょう。

膝の痛みを感じるのは病気の前兆?

Doctors Fileによると、膝の痛みの原因と考えられる病気は全部で9種類もあるようです。

慢性疼痛(まんせいとうつう)

ケガや病気によって膝などを痛めた際に、ケガや病気が治った後にも痛みが続いたり、痛みをぶり返すような症状がでます。外傷や疾患だけではなく、心理的、社会的要因によって引き起こされることもあります。

関節リウマチ

免疫の異常によって関節で炎症が起き、痛みを生じると共に軟骨や骨が破壊され、関節の機能を失う病気です。発症は、女性に多く、30代〜50代にピークと言われています。

変形性膝関節症

膝の関節の軟骨がすり減って膝に痛みが出る病気です。年齢を重ねるごとに病状が進み歩くことも難しくなる恐れがあります。加齢、肥満、O脚、閉経後のホルモンバランスの変化などが原因と言われています。

全身性エリテマトーデス

免疫自体が自身の皮膚、関節、臓器を攻撃してしまう病気です。膠原病とも言われ、女性に多く発症することが多いです。全身性エリテマトーデスは国が指定する難病です。

膝靱帯損傷

交通事故やスポーツ事故によって膝の靭帯に損傷を与えることです。膝には、「内側側副靭帯」、「外側側副靭帯」、「前十字靭帯」、「後十字靭帯」があり、そのいずれかが損傷してしまうことで起こります。

半月板損傷

膝の内側と外側にそれぞれ2枚ある半月板が外部からの衝撃によって損傷してしまうことで起こります。加齢によって半月板が変性すると、より引き起こされやすくなります。

血友病

生まれつき「血液凝固因子」というタンパク質の一部が不足している病気。出血した際に血が止まらなくなる。日本では年間で約50〜60人が発症していると言われている。

骨折

事故によって骨の連続性が断たれる。骨が完全に折れると、骨が曲がったり、ねじれたり、つぶれたりなどの症状がでます。

痛風

体内の尿酸が過剰になり、関節に溜まって結晶化する症状。結晶化すると炎症を引き起こして腫れや痛みを伴う。風が患部に吹きつけるだけで激しい痛みが走ることから痛風と言われる。尿酸はプリン体が体内で分解されるときにできる物質。

糖尿病による入院が保険適用になる保険ランキング3選【徹底比較】

糖尿病有病者向け歯周病保障付医療保険「エクセルエイド」
あんしん少額短期保険株式会社

糖尿病でも入れる
入院保障
手術保障
死亡保障
  • 糖尿病の治療中でも加入できる医療保険
  • 糖尿病以外の入院・手術も保障される
  • 対象年齢は0歳3ヶ月〜満89歳まで
  • 治療中の糖尿病または糖尿病に起因する病気を保障

アクサダイレクトのはいりやすい医療
アクサダイレクト生命保険株式会社

糖尿病でも入れる
入院保障
手術保障
死亡保障
  • 3つの質問項目で入れる医療保険 ※ 特約によっては5つ
  • お手頃な保険料で加入できて一生涯保障
  • 加入後、削除期間なしで満額の保障を受けることが可能
  • 入院の有無に関わらず、手術をしっかりカバー

SBIいきいき少短の持病がある人の医療保険
SBIいきいき少額短期保険株式会社

糖尿病でも入れる
入院保障
手術保障
死亡保障
  • 糖尿病の治療中でも加入できる
  • 84歳まで申し込み可能
  • 持病や手術歴があってもお申し込み可能

まとめ:糖尿病と膝の痛みの関係性は?

いかがでしたでしょうか。糖尿病と膝の痛みの関係性について紹介してきました。

当記事で紹介したように、糖尿病で足のふくらはぎがつる原因は、体重増加による膝への負担増加と、インスリン不足による骨や関節の代謝低下などがあります。

膝が腫れている場合、原因別によって対処も異なるので原因を究明し対処することが重要です。原因が分からない場合は医療機関の受診した方が良いです。

糖尿病の症状で膝の痛みがある場合、早めに診断を受けて対応することが大事です。もし、入院費や手術費に不安がある場合は、糖尿病保険への加入がおすすめです。下記で糖尿病保険を紹介しているので、興味があればクリックしてチェックしてみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次